キャットフード選びを失敗する理由

せっかく猫のために買ってきたキャットフードを食べてくれない、もしくはキャットフードのせいで病気になった、体調が悪くなったという経験をされた人は多くいます。

なぜでしょうか。どうしてキャットフードを選ぶ際にこのような失敗をしてしまったのでしょうか。今日はそのいくつかの理由をとりあげてみたいと思います。

1.好みの味ではないキャットフードを選ぶ

まず最初の理由はせっかく買ってきたキャットフードが好みの味ではないというものです。一口にキャットフードと言っても実に様々です。

使っている原材料にも違いがありますし、栄養価もさまざまです。しかし、せっかく栄養価の高い、質の良いキャットフードを買っても猫が食べなければ意味がありません。

では、どうすればこうした失敗を避けることができるのでしょうか。

まず猫の好きな味を把握するようにしましょう。

一般的に最初に買い与えたキャットフードを猫は好きになることが多いですので、最初に買ったキャットフードの原材料と似たものを選ぶようにしましょう。

2.値段だけで選ぶ

次にやりがちな失敗が値段だけで判断して選ぶというものです。

例えば、安いからというだけの理由で選ぶことにはいくつかの危険があります。安いキャットフードというものにはそれなりの理由があるからです。

例えば、質の悪い原材料を使っているとか添加物がいっぱい入っているとかなどです。人間と同じで毎日食べるものはそのときにすぐ悪影響がでるわけではなく、長年経ってから出てくるものです。

同様に猫もそのときには表れないとしても、数年後に健康を崩してしまうということになります。それで、安いからというだけの理由でキャットフードを選ばないようにしましょう。

このようにキャットフードを選ぶ際に間違ったものを選ぶと健康に悪影響が及んだり、キャットフードを食べてくれなかったりという結果になってしまいますので、面倒がらずに原材料などを調べて選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)